現在の価格 ¥ 480(2018/11/12 更新)
カテゴリ 開発ツール
評価
なし
対応デバイス mac
モピシェイプ は いわゆるベクトル系の手法で絵を描くアプリです。

アイコンやハガキの挿絵のような比較的小さなイラストを作成するのに向いています。 ポスターのような大きな絵の作成にはあまり向いていません。
でも、ベクトル系の制御点を使って線の位置を決める手法で面白く絵を描くことができます。

ペイントブラシ系のアプリでは筆やペンの感覚で線を引いたり色を塗りますが、モピシェイプでは線を開始点、終了点、カーブをコントロールする点などによって描きます。点の位置をマウスで調整することで線を動かすことができます。だから気がすむまで何度でも直しやすいのです。
初めてのときは多少戸惑うかもしれません。でも慣れれば簡単に面白い絵がかけるようになります。

絵が出来上がったら、tiff, png, jpeg, gif, bmpといった画像フォーマット形式でイメージを書き出すことができます。
自分で描いたイラストを使って、ホームページを飾ったり、カードを作ったりして楽しんでください。

絵は、MopiShapeの文書ファイル形式で保存します。
OS X Lion のオートセーブ機能によって、編集中の絵は常に保存されます。保存するのを忘れる心配がありません。また、必要なときには前の版に戻すことも簡単です。
フルスクリーンモードにも対応しています。快適に絵が描けます。

ご注意!
モピシェイプにはマウスのほうがMagic TrackPadよりも向いています。と言っておりましたが、実は私はMagic Track Pad を使用しています。その場合、Magic Track Pad の設定でジェスチャーで3本指のドラッグを有効化しておくとよいようです。

もしアプリを作っているのであれば、モピシェイプはアイコンをデザインするのに役に立ちます。モピシェイプで作成するイメージは画像ファイルに出力する際に指定したイメージサイズにスケールされるので、小さなアイコンから大きなアイコンまでクリアに作成することができます。