現在の価格 ¥ 480(2019/07/18 更新)
カテゴリ ファイナンス
評価
なし
対応デバイス mac
日本語版のみです。(Japanese Only)
Macの家計簿アプリケーション「庶民の家計簿」です。
収支がトントンで余裕が無く、年数回の特別支出のために、毎月やりくりしている家計を想定しています。

【費目分類】
集計単位は、収支の内訳として「費目」、費目の内訳として「分類」を使用します。
新規作成の際、独断と偏見で事前に費目と分類を自動初期設定しています。家計ごとに金額の集計単位が異なるため、費目と分類の変更ができます。食費や住居費といった「費目」と、その中を「分類」する二階層までとします。例えば、お米を買えば、「食費」の「食材」で入力します。「お米」を買ったと具体的に入力することは想定していません。

【特別支出】
お中元・お歳暮・お祝い・車検・入学準備など、毎月の支出ではありませんが、年に数回まとまったお金が必要なことがあります。忘れないよう先の支出として予算入力し、常に見れるよう表示します。

【予算】
毎月、費目と分類単位に予算入力し、予算に対していくら残高があるか確認できます。費目単位の予算入力は煩わしいため、月を指定して一括複写もできます。

【グラフ】
収支推移、費目推移、費目比率、予算実績対比が表示できます。
収支推移 ・・・ 収入と支出の月間実績計の推移が、確認できる折れ線グラフです。
費目推移 ・・・ 支出の費目単位の月間実績計の推移が、確認できる折れ線グラフです。
費目比率 ・・・ 月間実績計に対する各費目の比率が、確認できる円グラフです。
予算実績対比 ・・・ 支出の費目単位に、予算に対する実績とその残高が、確認できる棒グラフです。
予算実績対比(月別) ・・・ 支出の費目単位に、予算に対する実績とその残高の推移が、確認できる棒グラフです。

【CSVデータ取り込み】
費目・分類・金額データは、CSVデータから取り込めます。

【現金残高】
管理しません。

【口座資産】
管理しません。

【クレジット】
管理しません。