現在の価格 ¥ 610(2021/09/16 更新)
カテゴリ ビデオ
評価
なし
対応デバイス mac
日本語の問い合わせとサポートはこちらへ mactaris@mac.com

Sight Control は自由的にMac内蔵のWebカメラをコントロールできる。色んなWebカメラを利用しているソフト、例えばFaceTime 或いは Skypeなどのソフトが即にカメラの画質を調整できる。

Sight Controlは自動的にMac内蔵のWebカメラを認識できるのは:内蔵iSight、ディスプレイiSight、FaceTime カメラ (内蔵)、FaceTime Camera (ディスプレイ)、FaceTime HDカメラ (内蔵) 、FaceTime HDカメラ (ディスプレイ)。

Sight Controlは自動的にMac内蔵のWebカメラとコミュニケーションして、どういうタイプのサポートを分析できる。

コントロールできるの項目は:
• 自動露出モード (Auto-Exposure Mode)
• 露出時間 (Exposure Time)
• 絞り (Aperture)
• 明るさ (Brightness)
• コントラスト (Contrast)
• 色合い (Hue)
• 鮮やかさ (Saturation)
• 鮮明度 (Sharpness)
• ガンマ (Gamma)
• ホワイト バランス色温度 (White Balance Temperature)
• 電源周波数/フリッカー防止 (Power Line Frequency/Anti-Flicker)
• バックライト補正 (Backlight Composition)

本格的なハードウェアーをコントロール
• Sight ControlはWebカメラから撮った画面をソフトウェアーで編集し、シミュレーションで得た効果ではなくて、本格的にWebカメラをコントロールして、直接Webカメラのパラメータを調整して、そのまま効果を得た。

ほとんどのWebカメラAppと合用できる:
• FaceTime
• iChat, Messages
• Photo Booth
• iMovie
• QuickTime Player/QuickTime Player 7
• iStopMotion, BoinxTV
• Wirecast
• Sparkbooth
• GoToMeeting
• WebEx, Jabber
• Adobe Connect
• Flash based webcam app
• Skype とほかいろいろなメーカの App

* Sight Control適用のは各Mac内蔵のウェブカメラだけ、FireWireで連結したiSightは不適用。